あなたの笑顔を見ていたい。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今も昔も
2012-06-10 (日) | 編集 |
ずっと考えてた。
光星と付き合ってたときから
ずーっと。

でも、
やっと答えが見つかったみたい。



光星のことは「好き」だった。

そこまではいいとして、
じゃぁ、なんで…


雪斗のこと考えたりするのか。


ずっとわからなかった。

だって、
普通、好きな人って
たった一人でしょ??


けど…

やっとわかった気がするんだよね。



雪斗は私が
持ってないものを持ってる。


いつだって大人びてて
冷静沈着

頭の回転だって早くて
考えることも大人で

優しくて…ってか、
お人好しで世話好きで
とにかく面倒見よくて

周りをよく見てて
みんなをまとめてたっけ。


同い年なのに年上みたいで、

一緒にいて安心する。


そんな雪斗のことが
大好きだった。


雪斗に対する大好きは

龍馬や海莉、陸、

みんなと同じ大好きで


ひとつ違うのは
誰よりも尊敬してて憧れてた、
ってことかな。

今でもその気持ちは
変わらない。


ずっとずっと雪斗に憧れてた。

雪斗みたいになりたくて
雪斗の背中を追ってた。


いつだって守ってもらってた。


最後まで

最期まで

守ってくれた。


そんな雪斗を尊敬し、
憧れてたことを
「好き」って思ってたみたい。

それが何年も経って
「愛」だと思ってたけど

憧れに変わりはないって
最近気づいちゃったんだよねぇ(´・ω・`)

つまり、
幼い子どもの恋…かな!
可愛いでしょっ??(*´`*)



私なんかのために自分を
犠牲にしちゃってさ、

雪斗に「バーカ!」って
言ってやりたいくらいだよ!


けど…
やっぱりさ、


「ありがとう」って
一番に伝えたい。


雪斗の分まで生きて、
幸せになる、って決めた!

幸せにならなかったら
向こうに行ったとき、

雪斗に怒られちゃいそうだもん(´・ω・`)



雪斗は望まないと思うけど

雪斗が私を守ってくれたように
今度は私がみんなを守る。

自分を犠牲にした罰!
だから、そこは
私の好きにさせていただきますよっ!


最期はさ、

笑顔で「幸せだったよ」って言って
死ぬのが私の理想!



今も昔も変わらず、
みんなのことが大好き!


あと1ヶ月とちょっとで
雪斗の命日。

今年はみんなで集まれないけど…
龍馬も海莉も陸も
絶対に雪斗のこと思い出してるはず。

あ、何が食べたい??
甘党の雪斗だもん、
甘いお菓子がいいかな??

よし、みたらし団子でも
買っていくねっ!

私も忙しいから
少し遅くなるかもしれないけど…
必ず会いに行くから。

遅いからって化けて出ないでよ??
お化け、怖いんだから…
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。